ヨガ空間

尾山ヨガ教室尾山広平のブログ著書尾山広平


新着情報

11月の体位です。2018.10.30

11月の戒律です。2018.10.30

尾山ヨガ教室のお知らせです。2018.09.30




11月の戒律





真我を信愛しなさい。





⑤ 真我への信愛

俗名:自在神への祈念
梵語:イーシュワラ・プラニダーナ(Ishvara Pranidhana)
直訳:至上者・誓願/信愛
英語:Dedication to the Highest


真我への信愛とは、思想(名前と色形)に無信愛となり、真我であるものに信愛を向けること、またその誓願である。そして、真我へ留まり続けること。また、真我へすべてを明け渡すことである。

詳しく学ぶ 



11月の体位

魚の体位

⑪ 魚の体位

俗名:魚のポーズ
梵語:マツヤーサナ(Matsyasana)
直訳:魚体位
英訳:Fish Pose


ヒンドゥー教でマツヤは、ヴィシュヌの第一化身であり、半人半魚の姿形をしているとか。

詳しく学ぶ 



まんぐーす爺さんのコラム

Column No.06 探究 / 2018年2月17日

爺コラムNo.06 探究

真実の探究。それこそが、ヨガと呼ばれるものなのじゃ。現前に広がるこの世界とは何なのか? 存在とは何なのか? 人生とは何なのか? 何故、世界は存在し、私はその中に存在し、生きているのか? 私とは何なのか? この様に、世界、存在、人生、そして自己、それらの真実に真剣に向き合い、どこまでも疑い始めた者は、その答えを知る準備が調った証と言えるのじゃ。準備の調っておらぬ未熟者は、真実を狂気と受け取り、暗愚な盲信による苦悩を繰り返すじゃろう。準備の調った成熟者のみが、真実を正気と受け取り、暗愚な盲信を捨て去り、"ソレ" へと至るじゃろう。

暗愚な盲信を捨て去る準備の調った探究者は、差し出される照明、真実を受け取るが良いのじゃ。

続きを読む 



新刊

解説般若心経

解説 ヨガの八支則
修習と離欲の実践

ヨガの教科書。

ヨガの古典『ヨガ・スートラ』において、最も整然と修行法を解説している箇所である、いわゆる「ヨガの八支則」の解説書。

ヨガの目的に至るための2つの方法である「修習」と「離欲」をその基本的態度とし、各支則が解説されている。

アマゾンで見る 


YouTube動画

尾山ヨガ教室の動画

Facebookページ