ヨガ空間

尾山ヨガ教室尾山広平のブログ著書尾山広平


新着情報

12月の体位です。2017.12.04

12月の戒律です。2017.12.04

Facebookページに投稿しました。2017.11.27

尾山ヨガ教室のお知らせです。2017.11.27




12月の戒律





私は、観照者である。





④ 自己探究

俗名:読誦、自己学習
梵語:スワディヤーヤ(Svadhyaya)
直訳:自分自身の学習、研究
英語:Self-Study


自己探究とは、「自己とは何か?」その真実を見極めることである。まず、聖典・聖者などから学び、「自己とは何か?」を観念的に探究することである。次に、聖典・聖者などから離れ、「自己とは何か?」を実践的に探究することである。

詳しく学ぶ 



12月の体位

魚の体位

⑪ 魚の体位

俗名:魚のポーズ
梵語:マツヤーサナ(Matsyasana)
直訳:魚体位
英訳:Fish Pose


ヒンドゥー教でマツヤは、ヴィシュヌの第一化身であり、半人半魚の姿形をしているとか。

詳しく学ぶ 



まんぐーす爺さんによるコラム

Column No.05 献身 / 2017年10月7日

爺コラムNo.05 献身

献身、礼拝、帰依、放棄、信託、明け渡しなど、これらの言葉はどれも同じことを意味しており、それはヨガへの道を進みゆく者たちに「バクティ」と呼ばれておるのじゃ。無論、ハタ・ヨガにおいても、師、また始祖などへの献身は、重要視されるべき心構えであり、それは修行の根本的態度と言えるものなのじゃ。そう、献身は、小さくも強大な『私』の殻を、破壊する力と成り得るものなのじゃ。

ヨガへの道を進みゆく者にとって、献身は最も重要な要素の一つである事を学ぶが良いのじゃ。

続きを読む 



新刊

解説般若心経

解説 般若心経
まんぐーす爺さんこぶらさんの対話2

真言とは何か?
真言にはどんな効力があるのか?
真言を唱えるだけで悟れるのか?
真言の唱え方とは?

その《答え》は、『般若心経』には何も示されていない。

本書では、密教としての解説と共に、経文が単なる言葉に終わらぬよう、それが単なる空論に陥らぬよう、一つひとつの経文が一歩いっぽと《智慧の成就》へと導いてくれるよう、顕教としての解説もされている。

アマゾンで見る 


Facebookページ

YouTube動画

尾山ヨガ教室の動画